マイホーム探しは「思い立ったら吉日」です

私が今の家を購入したきっかけは、消費税が上がるタイミングだったことです。

いずれはマイホームを、と思っていたのでそれを機に、思い立ったら吉日!と、探し始めました。

とは言え子供が3人おり、もし全員が大学に進学したらと考えると、とても新築一戸建てが無理そうだったので、初めから中古物件を探していきました。

まずは新聞広告に入っているものからチェックし、その中で気になった物件の情報を聞きに実際に不動産屋さんへ行きました。

月に2回程度、半年くらい探しました。

足を運んだ不動産屋は三軒ありましたが、その中の一軒が扱っていた物件がとても気に入ったのでそこにしました。

その家を選んだ1番の理由は、中古物件だったにもかかわらず、それが売りに出された理由が前向きなものだったからです。

中古物件を探していると、何らかのアクシデントがあり売りに出されるケースのものが多かったのですが、この家は、前のオーナーさんが事業に成功し、今よりも大きな新しい家に引っ越されたので売りに出たという経緯でした。

手続きの際に実際にお会いしましたが、とても立派な方で安心感がありました。

結局建物、土地、引っ越し代、新調した家具などで2500万くらいになり、ろうきんで20年のローンを組みました。

登記や、仲介手数料の手続きなどをしたあと、ちょっと後悔したのが、不動産屋さんに「他にもこの家を欲しがっている人がいる」と言われ慌てて値段を決めてしまったことです。

もしかしたらカマをかけられただけで、本当はもう少し値切ることもできたかもなと今となっては思ったりもします。

でも、予算の範囲内で月々の支払いも六万程度で賃貸の時より安くなり、自分たちの家が持てて満足しています。
また消費税も上がりそうなので、マイホームを考えていらっしゃる方は、情報だけでも早めに集めるのをお勧めします。