2人の子持ちの30代夫婦の一戸建て購入経験談

結婚してから夫の会社の社宅に住んでいました。
社宅にいられる年数は入居してから8年と決まっていました。
その間にお金を貯めて家を買ってほしいということだったんだと思います。
8年まではいられますが、子供のために小学校に入る前に家を買って転校することなく過ごしたいと思ってたので長男が幼稚園に入った頃からマイホーム探しが始まりました。
子供2人の4人家族で、夫は35歳、貯金は1000万ありました。
お互い独身時代の貯金がある方だったので、頭金は十分かなと思ってました。
せっかくのマイホームなら一戸建てがいいと決めていて、注文住宅か建売住宅かは家をみたり他の人の話をきいて考えていきました。
結局夫婦ともにこだわりがないので、建ててからこんなはずじゃなかったと思う家よりも、すでに建っている中で気に入る家を探した方がいいということになりました。
夫の通勤時間が1時間以内なおかつ私の実家に近い家を探しました。
私の実家近くということで実家に入っている広告を見て家の見学に行ってました。
いろいろ見ていくと、大手と大手じゃない住宅の違いがなんとなく分かるようになって、大手の不動産会社の家が欲しくなりました。
結局選んだのは実家から徒歩10分の家でした。
実家が30年前に購入している大手不動産で、姉も5年前に同じ不動産で購入していたので信頼していたからです。
かなりの予算オーバーで引っ越し代手続き代家具などすべて入れて6000万しました。
予算よりもオーバーしたのは不動産会社を選んだのが大きいと思います。
実家の親が家の近くに住んでくれるなら安心だからとかなり援助してくれました。
親の援助がなければ購入できない家でした。
ローン手続き、登記手続き、火災保険などすべて不動産会社からの提案があったので、信頼していますしよく分からないのでお任せしました。
当時一番金利が低いと言われた銀行からフラット35のローンを組みました。
35年ローンで支払いが月々95000円です(ボーナス払いなし)。
繰り上げ返済はしているので、35年で借りましたが8年住んでいて残りが15年ぐらいになっています。
これから教育費でお金がかかりますが、ローンは定年までには返せるようになったのでほっとしています。
購入後は何より実家が近いので、子供が熱を出した時に一人を実家に預けて病院に行けたりすごく助かりました。
家を購入して子供が騒いでもある程度なら怒らなくてすむようになりましたし、子供がのびのび暮らせるようになりました。
社宅の時は苦情はありませんでしたが、下の階の人への音が気になっていてジャンプしないように怒ったりしてましたから。
金銭的には家賃並みの月々の返済額だと思っていますし、大変だと思ったことはないです。
ずっとこの家で子供を育てられるというのは子供にとってもいいと思いますし、購入してよかったと思ってます。
失敗したかなと思うことは購入したときよりも安い値段で家が販売されているときです。
広告で家より駅が近くて安い物件がでていると失敗したなと思っちゃいます。
家も縁だと思うので仕方がないですね、縁があったのがマイホームなのだと思います。

Comments are closed.