我が家の一戸建て購入を決める為の道のりは長かった

主人が30歳を超えた頃、賃貸でマンションを借りていた私たちは、これからの家をどうしようと話を始めました。
結婚式で貯金を結構使ってしまっていた私達の頭金は数百万。
いざ話を始めると、結婚したとはいえやっぱり他人。育ってきた環境も違う事で話し合いは難航しました。
主人は絶対にマンション、私は一戸建て。
お互い意見を変えることないまま、色々見て回ることにしました。
まずは新聞の折り込みチラシでマンションの案内をいくつか見つけ、予算に合う所を見て回りました。
そんな中出てきたのが、やはり利便性。ここはお互いの意見が一致し、駅が歩いて行けるところ、そして駐車場があること。
この2点は外せない条件となりました。
しかしその条件の難しい事。予算がどれだけでもあれば問題はなかったのでしょうが、駅近くの駐車場付きマンションは敷居が高かったのです。
そこでようやく一戸建てを検討し始めた主人。
少し郊外でも駅があり、車も2台止められる一戸建てに魅力を感じ始めました。
そしていくつか不動産屋さんを廻り、気に入った家を見つけることができ購入しました。
しかし、賃貸の時よりも部屋数も増えたこともあり、家具の購入や、電化製品の購入などで費用は4,300万円ぐらいかかりました。4,000万円ぐらいで納めたかったのですが、想定外だったのが外装工事でした。
いつかは子供を思っていた私たちにとって、外装の門扉や柵が無い事に購入してから気づきました。
急遽追加で門扉と柵をつけてもらうと追加で300万円ぐらい。初めからそこを考えた家選びをしていたらと思いましたが、すでに遅かったです。
その後、登記やローンの審査などたくさんの書類に囲まれながら、主人の収入に波がある為、トヨタクレジットの固定金利で、主人の年齢と返済金額を考慮し、35年のローンを組み、月の返済は13万円ぐらいになりました。
今では子供も生まれ、あの時無理にでもつけておいた柵が役立っていますし、この家を購入してよかったと思っています。
少しだけ残念だったのは、あの頃アイランドキッチンに憧れてそのキッチンにしましたが、いつでも見えている為、お客様が着たりする時に、苦手な料理姿を見られてしまうのは、後でちょっぴり後悔しました。
家選びは一生の買い物なので、家族みんなが納得するだけ話し合い、色々見て考えて決めることをおススメします。

Comments are closed.