買って良かった一戸建て「タテウリ住宅」。本音です。

私は、36歳の時に家を買いました。家を買うきっかけは、アパートの家賃とその広さです。アパートは、2LDKでした。子供が2人いますので手狭になってきていたところでした。そして家賃が8万円。毎月8万円の支払いで買える今よりも大きい家があれば買おうと考えました。同じ年頃の会社の同僚が家を建て始めていたことも後押しになっていたと思います。その頃貯金は、600万円程度ありました。家の選定は、嫁の希望もあり、駅の近くで探しました。探していた地域は、東京から電車で約1時間程度の場所です。これくらい東京から離れると駅が近くても、遠くてもあまり家土地の値段に差がありません。その他の条件としては、「車が2台停められること」これだけでした。結果として購入した家は、駅まで歩いて「10分」、土地の大きさ「70坪」「駐車スペース3台」「価格2600万円」の「タテウリ住宅」でした。頭金としては、500万円入れました。引っ越し費用や家具等で使うだろうと、100万円は残しました。ボーナスでの支払いはしないように考えていました。結果的にこれは正解でした。中小企業に勤めているのでボーナスのバラツキが大きく、最近は不景気で、20万円程度しかもらえなかったので「ボーナス払いなし」は本当に正解でした。毎月の支払いは「約6万円」で35年払です。地方銀行の住宅ローンで借入しました。35年払いは、この年数を進められたためです。正直あまり考えませんでした。引っ越しにかかった費用は、20万円です。引っ越しの距離は近かったのですが、業者がなんでもやってくれるコースを選んだので高くなりました。これは、前にアパートからアパートに引っ越した時にとても大変だったのでこのようにしました。やって良かったと思っています。楽ちんでした。引っ越した後に「テーブル」や「食器棚」「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」等を買いましたが、自分で買ったのは「テレビ」と「冷蔵庫」で他のものは、私の親と嫁の親が買ってくれたのであまりお金はかかりませんでした。予想外の出費となったのは、庭です。庭はなにも考えておらず、しばらく何もしなかったのですが、乾いた庭の土が春の風に飛ばされて向かいの家に降り積もりクレームを受けました。そのため、急いで造園業者に相談してタイルを貼ったり、それらしい植木を植えたりいました。これに、80万円かかってしまいました。この家を買って良かったと思うのは、子供部屋が出来たこと、安い「タテウリ住宅」を買ったので毎月の支払額が少なくで済んだこと。借入金も少なくで済みました。大手住宅メーカーで家を建てた同僚が苦労している話を聞くと良かったなと思います。あと、ガスとIHで迷いました。嫁は、IHでは、炒め物が出来ないのではと考えていたので東京電力でデモが出来るとこをを見つけて炒め物が出来るか確認してから決めました。IHにして良かったと思っています。お湯沸くの速いし、掃除しやすいし。「タテウリ住宅」だけど、これは選べました。建てている途中で買うことを決めたためです。失敗したなと思うのは、今の家で不具合のようなことを感じると「例えば、壁紙の合わせが見える等」大手住宅メーカーで買えばこんなことはないだろうな~と嫁が言うことです。私はそんなことはないと思っているのですが、証明するのも面倒なのでどうしようもないのですけれども。
最後に「タテウリ住宅」お薦めです。支払いのことを考えるとなるべく安い家を購入することをお薦めします。人生何があるかわかりませんからね。株式上場している「タテウリ住宅」メーカーが良いと思います。

Comments are closed.