心機一転新しい住処は絶対に一戸建てに限ります。

一戸建ての家を購入したきっかは結婚を機に実家を離れることになり、住みたい地域の賃貸マンションは意外と高かっため、車も私も主人も毎日使うので2台分の駐車場代のことなど考えたら、車2台分のスペースの庭のある一戸建ての家を建てるほうがお得だと思って購入しました。その当時ローン名義人の主人は30歳だったたため、60歳の定年にはローンを終わらせたくて30年ローンで組みました。貯蓄はいくら持っていたのか覚えてませんが、800万〜900万円くらいは頭金として払ったような覚えがあります。
どうやって今の家を探したかというと、以前向こうの両親が家を建てたときの不動産屋に行って、これからどの地域が分譲されるのかの情報をもらい、その不動産屋から別の不動産屋を紹介してもらい、そこから選びました。探している間は、夫婦ふたりとも仕事をしていたので、夜の20時以降に不動産屋に1回/週ペースで通い、打ち合わせなど行いました。現地は明るい時間帯に私の両親が幾度となく見に行ってくれていました。最終的に今の家を選んだ決め手は、ほかの大手不動産屋の分譲地なども見学にはいっていたのですが、とても高額で、今回小さな地域の不動産屋でしたが、同じような条件でもかなり格安だったためです。また周りの環境も自然が多くて小学校も近くて、これから子育てを考えていくならいいロケーションだと思ったからです。家の購入、引っ越し費用、家具の購入など結局3600万円くらいかかったかと思います。想定外に予算がオーバーしたものはありませんでした。購入すると決めた後は、測量事務所による登記簿の作成と住宅ローンを組むために銀行で手続きをしました。東京三菱USJ銀行窓口でフラット35で組みました。月々は返済額は10万円です。ローン年数は購入時30歳で定年くらいで終わればいいと思ってざっくり30年で組みました。
購入前までは実家暮らしだったので、あまり購入したからと言ってすごく変わったというのはありません。購入してよかった点は、賃貸マンションをかりて駐車場2台分もかりると今払っている月々のローンよりはるかに高かったし、住宅ローンには終わりがあるので気分的に楽です。購入してちょっと失敗したかなという点は、注文住宅のため庭の砕石も選べたのですが、不動産屋さんが目の粗い砕石を進めてきたのですが、そのときは玉砂利のようなきれいな石のほうに目が行きそれにしたら、野良猫によく糞をされます。不動産屋さんが進めていた方のものにしたら良かったかなと後悔しています。これから一戸建てを購入しようとしている方へのアドバイスはある程度不動産屋さんのおススメを聞くべきです。

Comments are closed.